【人妻体験談】寝取られ好きな変態夫が妻が喘ぎながらイッたところを目撃した


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
私はいわゆる寝取られ好きな変態寝取られ系勇者です。いわゆるネトラレスキーってヤツです・・・

夢にまで見た妄想が現実になったのは先週金曜の事でした。

大学時代の友人二人と飲みに行った帰りにどうしてもというので家に寄った時の話です。

他人を家に上げる事を極端に嫌う嫁(家の両親すら上げたがらない)は飲み屋からの俺のTELに案の定大反対であったが、何とかお願いして了解してもらった。

大抵、一度家に上げてしまえば何とか機嫌よくは接してくれる。

まあ、帰ったあとは怖い訳だが・・(笑)事情があり結婚式を内輪だけで行ったたため、

高校・大学の友人連中は俺の嫁に非常に興味を持っているらしい。

で、俺の寝たうちに・・・始めて、気が付いた俺が大立ち回りでなくて・・・・

チキンぶりを発揮するという話なんですが聞きたいですか?タクシーで5分ほどの家へ、

家は4件建てのアパートの二階で、田舎なこともあり、駅近くなのに静かで非常に気に入ってる。

で、家に寄るなり、再び飲みなおし。

大学時代がどーのこーのなんて話しで盛り上がっていた。

まあ、嫁も予想通り一度家に入れてしまえば機嫌がよく、話しに付き合ってくれていた。

当然、大学時代の女関係まで話しが行ったりしていた(元カノの話にはマジであせった)。

実際、少しかぶった時期もあったので・・・(笑)

そのうち11時を過ぎたあたりで友人の1人(三田)が眠くなってしまい(大学の頃から変わらず。必ずいるよねこういうタイプ)、

嫁と影で相談した、というかお願いした結果、止めてもらう事にしました。

ちなみに家のアパートは3DKっぽい2DKで(洋室4.5畳×2、洋室8畳、DK)いつも寝室に使っている和室(6畳)に俺と嫁、

空いている洋室(長細い9畳の部屋が戸で仕切られていて4.5畳×2になっている)に友人二人が寝る事になった。

ちなみにもう1人の友人は阪井といいます。

両親が来た用の布団を2組敷き(嫁の両親しか寝たことがない。うちの両親は絶対帰される(笑))で三田を早速寝せた。

三田の音息を立てるまでのスピードは恐ろしいものだった。

で、再び、俺、嫁、阪井で飲みなおし。

十分酔いの回った阪井の話は、次第に下の方になってきた。

夜はどうなの?見たいな。

実際のところ、俺はED気味っていうかEDなので、俺は夜にやるぞー!っていって速攻セックスなんぞ不可能で、

朝立(ストレートだな)の時に、嫁をおこしてやるということが多くて、多分満足してないんじゃ、と思いながら聞いていました。

(よく結婚まで出来たよな)案の上、嫁は、私の事を気使い、はっきりとは言わないまでもう~~んと言うような答を返していました。

気まずくなったのか阪井は、自分の性の武勇伝を話し始め、何回やっただの、俺のは大きいだの、誰とやっただの(知り合い関係)と得意げに語っていました。

俺の全く知らない話もあり、こいつすげ-なとは思いながらも、表情に出さず(出てたのかもしりませんが)、受け流すような感じで聞いてました。

でまあ、なんだかんだで、俺も眠くなってきたので、そろそろお開きにして寝ようということになったわけです。

で、後片付けは明日でいいと話したんですが、どうしても片付けるというので嫁に任せ、先に和室に行かされて、寝る事にさせられてしまいました。

友人阪井もトイレに行った後、寝るようでした。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました