【人妻体験談】生保で働くキャリアウーマンとありえない流れでエッチをした


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
涼子さん(仮名)の年は32歳の若熟女。

で、旧帝大卒業の大手保険会社総合職のキャリアウーマンだった。

すげえすげえ言うと、「全然凄くないよ。夜も遅いしストレス溜まるから正直事務職にすれば良かったなんて思ってるよぉ。」とのこと。

LifePursuitってか?人生の追求って難しいね。

俺からしてみればどんなに激務でもボーナスが何ヶ月分も出るだけで羨ましいってなもんですが、そんなもんなんかいね。

女性総合職ってだけでも大変だろうにそうやって5年以上働いているだけでも凄い、と褒めると、

お姉さんはニコーッて笑って「ありがとね、孝クン」とはにかんだ。

うわ、かわいいなぁ。

しばらくお互いの仕事や、地元の話、休日の話なんかをしていたんだけど、やっぱり興味は今朝のことに向かうよな。

俺は基本的にそんなに酒が強いわけではないので、ビール2杯も飲むとかなりいい感じに酔うことができてセクハラも出来るようになる(笑)。

大胆な台詞も吐けるようになってきた。

「涼子さん、凄い綺麗だよね。もてそうだよね??」

とか、「涼子さん、スタイルもいいし、髪も綺麗だよね!」とか。

そのたびに涼子さんは大人の余裕で、「ハイハイ、ありがとうね。彼女に悪いからそんなことあんまり言うんじゃないの」と諌めてくる。

「彼女なんてもう何年もいねーよ!うぅ、古傷が…」

「また大げさな。ホントは?」

「先月別れました…」カミングアウトすると、「うそつきぃ~」と、人差し指でほっぺを突いてきて、かなり萌えたぜ…。

気をよくした俺は、現状以上に酔ったフリをして、「えっと、涼子さん今朝の続きしてよ~」と勝負に出た。

・・・というか勝負も何もストレートすぎるなwでもそのときの俺はタイミングを計って勝負に出たつもりだったんだyo!「なによぉ…今朝の続きって??」

「俺のにもたれかかってくる涼子さん☆」

「もぉ!ちょっとー、何言ってるの君はー」笑う涼子さん。

まだ冗談交じりな感じなのでもっと攻められるはずだと判断した俺は、「お願いだよぉ。朝メッチャ興奮したんだよー、責任とってよー」と、お願いする俺。

「アハハ、何の責任だよ。ったく、調子いいんだから~」でも、その涼子さんの手が、ふと俺の手を握った。

内心ドッキドキで「どしたの?」と聞くと、「ん?あったかそうだなと思って」そう言う涼子さんの目がスッと細くなった。

それは凄く色っぽくて、エロモードに入ったんだと俺は解釈した。

「でも涼子さん、こんなことしていいの?彼氏とかいないの?」と聞くと、「彼氏?いるよ」そうやって簡単に言い切る彼女はやっぱりかっこよかったな。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました