八つ熊村


出典元:エロ体験談

ぷち修羅場話?
彼…30ちょい過ぎオタクだけどがっちり体型で俺様風味自称皆の兄貴な性格
私…30成り立てオタネラー16の時に彼と出逢い十代辺りは付き合っていた
その後はつかず離れず友人以上セフレ未満
実際はかなり彼好キー今はちょっと中距離関係
ロり子…27成り立て私の次に彼と付き合っていたが彼との結婚は蹴った
しかし彼を精神的な保護者?とか言うことでキープ
一応面識あり遊びに行ったこともあり

発端はロり子が結婚を親に迫られ一応彼氏と言われている男と婚約したこと
彼は落ち込んだ(何でも二年間粘ったが振られ通しだったとか)電話で愚痴を聞いていた私が最後まで粘れば?と勧めるも
「まぁロり子は妹みたいに思ってるから…」と主張
ぷぇウソつきめと思いながらもハイハイと流していた先日私が住む所まで遊びに来て生エチー
今のところ付き合っている女もいないしお前といると安心するし楽だから復縁しようと彼が言いだした
ハイハイワロスワロスと思う自分とヤッベー超嬉しいの狭間で微妙な私
彼は帰り取り敢えずお互いの環境が整いしだい結論だすことに

続きます

数日後ロり子からメールがあった珍しい事もあるもんだ?と思い開くと
「先日は彼がお世話になりました」
ぷぇー宣戦布告?つーかお前さん婚約者は?彼女でもないのにお世話って何様??
まあ天然な(真偽の程は定かではない)ロり子の事だから単なる勘違い発言だと思い直し
「いつも元気なロり子ちゃんでいてね何かあったら相談してね?そういえば結婚おめでとう?」
等と当たり障りの無い返事を返す
お返事きたよ?
「婚約者とはなんともないんですけど彼との事で困ってるんです
彼は私が一番好きで大事だと言ってくれるんだけど?中略
でも彼と私の問題なんで二人で解決しますね」
へぇ?と思い彼に即電
「貴様は彼女でもない女にこんなこと言わせるのか
つぅかバカにされてるだろ他の男に嫁ぐ女にいつまでキープされるつもりだ?」どぶちギレ
彼は慌てて今すぐけじめつけてくるとテンパる
それより電話すんな逢うなと言ったのにも関わらず猪突猛進する彼
案の定キレられてへたれる
もう結婚するまで電話も逢うのも止めると宣言させて一旦終了と思いきや…

夜に彼から入電
「ロり子が死ぬと言いだして行方不明に…
俺も売り言葉に買い言葉でじゃあ俺も死んでやると言っちまって…
取り敢えずロり子探してくる」
ちっロり子メンヘラかよと思いつつ婚約者がいるのだから婚約者に任せろと説得するも飛び出す馬鹿
ぷぇー死んでも良いならなんで諦めるよ?&私また捨てられるのかWWW
殺って良いかな?と思い出す
彼から入電
「婚約者が捕まえたから俺ヨウナシだって」
だから言ったろう…もう逢うな電話するなと言い渡して
クレヨンしんちゃんのウサギ殴りママ並みにりらっくまを八つ裂きにし涙で枕を濡らしつつ就寝
翌日昼彼から入電
「ごめん…お前とはいい友達でいたかったけと縁を切ろうと思う」
これまた斜め35度きたよと思いつつ
それはわかったではロり子とも縁を切るなら了承すると攻めてみると途端にへたれる どこまでマインドコントロールだよ
何だかんだ言いつつ私に丸め込まれる彼

と言う感じでぷちな修羅場というか泥沼でした
ロり子が結婚してしまえばまた状況も変わるだろうと思い静観中

タイトルとURLをコピーしました