【人妻体験談】保育園の若熟女な奥さんとの秘密の情事


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
某保育園の若熟女で三十路になる保母さんとの秘密の情事を報告します。

その保母さんとは二日に一度ぐらい顔を合わせる。

(以後、佳代BBA略して、佳代ちゃん(仮名)ね)

佳代ちゃんは30を超えてるくせして、童顔でぱっちり二重の可愛い顔で、

声も声優のように可愛く活発で、初めから好印象のおばさん熟女やったのを覚えてる。

送迎に来るお父さん方のマドンナ的存在でした。

保母さんだけあって、三十過ぎてるのに、やることなすこと、全てが若々しいのがたまりません。20代前半って感じのノリなんですねぇ

毎日朝か晩に僅か23分程度佳代ちゃんと他愛のない話をするだけやったけど、それが何となく楽しみで、以後数年間は通勤前か帰宅前のちょっとした楽しみになっていた。

何年か通ったある日から佳代ちゃんを見かけなくなり、別の人に「佳代ちゃんどこ行ったん??」って聞いたら

「隣の棟に居ますよ」と言われ、帰りにちょっと見に行ったら確かに居た。

けど、少し離れてしまったので喋る事もままならない状態になってしまい、寂しかった記憶があります。

でも、窓から俺の事に気が付いてくれると両手で手を大きく振って可愛い笑顔を見せてくれて、それだけでめっちゃ萌えてました(笑)

しばらくそんな状態が続いて地味に通うだけの月日が続きました。

ある日こっち側に帰ってきてたのか佳代ちゃんが居た時があり、その時は結構喋っていつもの萌えを味わってる俺やったけど、

『前は近かったからええけど、もしまた今度どっか飛ばされよったら二度と顔見れんようになるんちゃうか!?』という考えがよぎり、

何を血迷ったのか俺はいきなりメアドを聞いてしまうという暴挙に出てしまいました。

(ちょっといきなりすぎて佳代ちゃん引いたかな!?)と心の中で瞬時にそういう気持ちが電気信号のように走ったけど、

佳代ちゃんは「あ、いいですよ」とあっさりメアドを教えてくれた。

しかしメアドが結構長かったので覚えられず、「佳代ちゃん○○○のブログやってない?」と聞いたら

「あまりやってないけど、アカウントはありますよ」と言って、キーワードを教えてもらい、

ウキウキ気分で家に帰って早速ブログを調べたら有りました。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました