【人妻体験談】高校時代の彼女の友達と偶然法事で出会い、誰もいないフロアで中出しセックスをしてセフレとなった


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
真帆と結婚して1年半が経った。

子供はまだいない。

特に大仰な避妊はしていないが、お互いに仕事が楽しく、積極的に子供を作るという訳ではない。

真帆(25歳)は、技術課に顔を出しながら、人手不足気味の事務室を手伝っている。

そんな4月のある日、俺(29歳)は実家のある町に帰った。

本家筋の法事と言うことで、ここまで出てきたのだ。

いつもはこの駅から車で40分ぐらい離れた豪壮な本家で法事を行っているが、今回は駅前の大手シティホテルで行うようだ。

ここに来るのは、友達の結婚式で数年前に来て以来。

駅まで迎えに来ていた両親と徒歩でホテルに入った。

受付を済ませ、俺と両親は指定された席に着いた。

分家なので、末席に近い方である。

席次表を見ると、本家の跡取り息子ヒロシが夫婦で参加している。

(あの乱暴者の従兄も嫁さんをもらったのか・・・)ヒロシは元々乱暴な性格である上、事あるごとに本家の権威を振りかざすので、俺は大嫌いだった。

都会の大学に進学したときは、彼と顔を合せなくて良かったと思ったぐらいだ。

(どんな嫁さんなんだろう?)気になったが、かといって、わざわざ挨拶に行くのも嫌だ。

法事の会食が始まった。

両親は、伯父伯母連中を集めて談笑している。

高校を出てから何年も故郷を後にしていた俺は、全く話についていけない。

従兄弟や従姉妹たちは、本家の従兄ヒロシのところに集まり、何やら盛り上がっている。

俺はこちらにもついて行けない。

婿養子に行った俺は、すでにこの家の人間ではないのだ。

(まあ、ロビーで息抜きするか)俺は、ノートパソコンの入ったケースを手に、トイレに行くふりをして会場を後にした。

ロビーに座り、ネットサーフィンをしていると、女性が一人座っていたのを見つけた。

(あれ?どこかで見たことがあるぞ)俺「弓美(ゆみ)、お久しぶり」

弓美「あら、ケンちゃん」高校時代、俺には洋子という彼女がいたが、洋子の友人が弓美である。

ぽっちゃりとした躰、丸顔に大きなメガネをかけ、当時は男とは無縁そうな娘だった。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました