部下の肉棒は主人より大きく…私の子宮に精子が…


出典元:女性視点エッチ体験談 性欲女子
48才の兼業主婦です。子供にも手が離れこのサイトは時々興味深く拝見しています。
先日、生涯で2人目の男性を受け入れてしまいました。
相手の方は、30才独身で元部下です。元と言うのは家庭の事情で実家に帰ったからです。
お別れに彼の家で送別会を2人だけでしました。彼とはそれまでは男女の関係は全くありませんでした。
お酒も少し入り、彼は寂しそうに「お別れだね、思い出が欲しい」と彼。「どんな思い出がいい?思い出は今までいっぱいあるじゃない」と私。「今まで言い出せなかったけど、あなたが本当に好きでした」と告白されました。


官能小説ランキング

「そうね、私もいい人と思ってるよ」
突然、抱きしめられました、そして彼の顔が私の目の前に。「そういうことなの、そんなの軽蔑するよ」私は一生懸命強がりました。
「本当に好きなんだ、あなたがご主人以外とこんなことしないことは分かっている。でもでも、やっぱり済みませんでした」と彼は泣き顔になっていました。
「そうなのね、分かったわ、あなたの気持ち、5分したら隣の部屋(寝室)に来て」
私は1人で寝室に行きました、そして今日だけ今日だけは彼のため」と自分に言い聞かせ生まれたままの姿でお布団に潜り込んで彼を待ちました。5分後、ドアば開き彼は来ました。「こんなこと、あなただからするのだからね」
彼も全裸になり隣に来ました。
それからの事はよく分かりません。ただただ彼にしがみ付いていたような気がします。
いよいよ彼に挿入されました、彼のモノは主人より硬く大きかった。
「逝く前には着けるからもう少しこのままでいい?」「いいよ。でも私のこと本当に好きなら、最後まで逝きなさい、男でしょ」
その言葉の直後、彼は私の中に放出しました。
「本当に良かったの?」「安全日だから、でもこんなこと将来の奥さん以外にしちゃダメよ。」
私の中から流れ出る彼の体液。帰ってどんな顔して家族に遭おう、急にそんな思いがよぎりました。

えっちなドラえもん
女性視点エッチ体験談 性欲女子オリジナル 続きを読む
タイトルとURLをコピーしました