【人妻体験談】お隣の黒人の巨根によるセックスに陶酔した妻


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
妻と結婚して、このマンションを購入した2年程前の事・・・

築15年のちょっと古びたマンションながらも、両親のバックアップもあり即決しました。

結婚1年目の事です。

(いつかは一戸建てが目標です)私31歳・妻29歳そんな暮らしも1年を過ぎようとした、ある日の事、お隣さんが引っ越して来たんです。

近所には次々と新しいマンションが建ち、古びたこのマンションは空き家が目立ち、淋しく思っている矢先の話で、

”良い人だと良いねぇ”って妻と話していました。

翌日、私はゴミを出す為、エレベーター前に立っていると、背後に途轍もない威圧感を感じふと振り向き驚きました。

身長190cm位で体重も100kg位ありそうな体格のいい黒人男性がジャージ姿で立っていたんです。

私も178cmと背は高い方でしたし、見下ろされるのはあまり無かったし、黒人と言う事でかなりの驚きです。

エレベーターの扉が開くと同時に私は彼と中に入りました。

密室に2人何だか落ち着かない中、室内には彼の体臭が漂い始めていました。

外人さんは体臭がキツイと聞いたことがありましたが、ここまで凄いとは・・・。

ドアが開き私は急いでゴミを捨てると、そそくさと部屋に戻ったんです。

『今、お隣さんに会ったよ』

『どうだった?いい人?』

『黒人だったよ!凄い体格のいい』

『え~外人なの?ちょっと心配だわ』妻同様、私もまさかの展開に不安がありました。

翌日、会社に出勤する為、家を出てエレベーター前に立っていると後ろに立つお隣さん(黒人)”なんだ・同じ時間に出勤かよ”と内心思っていたんです。

『おはよう ございます』思わぬ挨拶に驚きました。

『あ・おはようございます』

『昨日もお会いしましたね!お隣さんですか?』

『え~そうですね』

『私、ボブです。よろしく』予想外の展開!こんなにも日本語が話せるなんて・・・しかも感じがいい。

その後、駅までの道を一緒に歩きながら、色々話しかけてくるボブ!アフリカ(ガーナ)出身で、機械エンジニアの技術取得の為、研修で来たと言うのだ。

彼の家は裕福らしく、いずれは父の会社を継ぐらしいが、大学で日本語を学び日本好きになったとか?

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました