【人妻体験談】顔も知らない隣の奥さんとベランダで性処理するだけの異常関係


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
俺は、夜の世界で働いているバーテンダーをしているんです。

俺の住んでるマンションの隣には夫婦が住んでいて、子供はいないようです。

隣の奥さんの顔は見た事ないけど、声の感じと旦那の見た目からして若妻って感じたまに休みの日に家にいると隣からHしてる喘ぎ声が聞こえる時もあります。

俺の出勤時間は夕方5時からだから昼間は寝てます。

そしてこの前の平日、俺は3時ぐらいに起きると真っ裸のままベランダに出ました。

最近熱くなってきたから、夏はいつもこんな感じです。

寝る時はいっつも裸だから、朝立ちしたビンビンのままベランダに出るのが最高っす。

ベランダの向こうは川だから、一目を気にする必要ありません。

俺は勃起したペニス勢い良く上下させて腹に「ペチッペチッ」って当てていました。

隣のベランダには隣の奥さんが洗濯物でも取り込んでる感じでした。

ベランダはつながっていて、叩いたらすぐ壊れる薄い壁で仕切られているだけで、隙間から覗こうと思えば覗けます。

俺は裸のままタバコを吸って、ぼーっとしながらチンチンをぶらぶらいじってました。

気がつくと隣から物音がしなくなっていて、「部屋に戻ったか?」って思っていたら、しばらくしてから足音とガラス戸の閉まるが聞こえました。

俺はそん時は何も思わなかったけど、2日目も同じような事がありました。

俺はひょっとしら俺を覗いてるんじゃねーか?って思いはじめました。

だから3日目はちょっと試す事にしました。

俺は昼間起きると、ベランダに静かに出ました。

そんでデジカメの動画撮影をオンにしたまま、ベランダの仕切りの上の方から隣のベランダを覗く角度でガムテープ固定しました。

そして部屋に戻って、今度は勢い良くガラス戸を開けてベランダに出ました。

奥さんが隣にいる気配は無かったけど、静かに出てきたかもしれないので、俺はわざとオナニーをはじめました。

ひょっとしたら奥さんが覗きながら自分でオナッてるかもしれないって思ったら興奮してきました。

自分の我慢汁でクチャクチャ音が出始めて、おかずもないくせにかなり早目に出ちゃいました。

精子の量もすごくて、ベランダの低い壁にべっとり飛ばしちゃいました。

そして部屋に戻って、様子を伺いながら後でカメラを回収しました。

もう興奮しながらカメラの確認画面を早送りして見ると、やっぱり隣の奥さんが鏡を使って覗いてるのが見えました。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました