【人妻体験談】中学生の頃にピアノの先生とどエロい初体験セックス


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
中学2年生の時にピアノの先生と脱童貞した体験談を語ります。

この初体験がガチで一番エロく、どろどろチックでたまらんかったwwww

ピアノの先生はアラサー、29歳の若熟女w

髪はロングで可愛いっていうより綺麗な人で、身長は高身長で170cm以上のモデル体型!

俺が小学3年生の時からの付き合いだ。

俺には姉がいて同じピアノの先生(便宜上由香先生ってことにする。)に習っていたんだけど、その姉が由香先生に俺の話をしたらしい。

内容は俺が中学校で同級生の女の子を庇って、同じく同級生の不良と大喧嘩した時の話だ。

レッスンの日、教室というよりただのピアノが置いてある部屋だが、

そこに入ると由香先生がとびきりの笑顔で「こんばんわ」と挨拶してくれた後に、俺が同級生の女の子を庇って不良と喧嘩した時の話をしだした。

「お姉さんから聞いたけど、女の子を庇って喧嘩したんだって?」

「うん。てか情報筒抜けだ(笑)」

「凄いね。先生が中学生だった時に俺ちゃんが同じクラスだったら良かったのに。」

「由香先生が同級生!?クラスの高嶺の花になりそう~。」

「そんなことないよ。俺ちゃんなら大安売りなんだけどなぁ。それに俺ちゃんに庇って貰えたら・・・・・・」

由香先生はそこで言葉を止めて、俺からすっと目線を外した。

俺はどうしたのだろうと由香先生の方を注視すると、由香先生がふとこちらを向いて俺の目を見つめた。

由香先生は凄く綺麗で同級生の女の子には絶対真似できない大人の女って感じで、そんな由香先生に見つめられて心臓はバクバク。

密かに由香先生に憧れていることがばれそうな位、動揺した。

由香先生は俺を見つめながら少し身体を乗り出して言った。

「俺ちゃんに庇って貰えたら・・・・・・結婚してって言うんだけどな。」言い終えた後に、首を少し傾げて目をウルウルさせながら俺を見つめてくる。

夢だ!これは夢だ!俺は動揺しまくりながらとにかく何か話そうとしたけど上手い言葉が見つからない。

由香先生はそんな俺を見つめながら辛抱強く待ってくれた。

俺は頭をフル回転させて考えたけど、言い答えが見つからず勢いにまかせてとにかくしゃべった。

「えっと、その・・・・・・ゆっ由香先生なら結婚したい!!」由香先生はとびきりの笑顔で微笑んでくれて「今の本当?本当に結婚してくれるの?」と言った。

俺は勇気を振り絞って「・・・・・・うん。」と答えた。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました