母がタバコを吸う夜


出典元:エロ体験談

 僕はC学3年生です。
 僕がS学5年生の時に父が急死して、母方のおばあちゃんの家に住むことになりました。
 と言っても、おばあちゃんの家とは完全に独立した一戸建てで、母はおばあちゃんの営む店で働いてるものの、ほぼ僕と母の二人暮らしで過ごしていました。

  ━━━

 夏が近づいたころ、僕が夜遅くまで受験勉強していると、家の中に違和感を覚えることがありました。

 家の中にかすかに、タバコの臭いがするのです。

 うちは母も死んだ父も、タバコを吸わないひとなので、僕は母が誰かを家に呼び寄せてるんだと思いました。
 それはきっと、母の新しいパートナーだと思っていました。

 (どんな男の人なんだろ…… 結婚して僕の父親になったりするんだろうか……)

 そんな思いがモヤモヤして、勉強が手につかなくなってしまう時がありました。

 ある夜でした。暗く静かな廊下に出ると、かすかなタバコの臭いを感じました。
 どんな男の人が来てるんだろう、と思いながら、忍び足で 光がチラチラしてる応接間に向かって行きました。

 扉のすき間から中をのぞいて見ると、ソファーに深く座る母が見えました。
 テレビの画面の光を受けて、暗い部屋に見えた母は全裸でした。
 そして母は、煙のたちのぼるタバコを手にしていました。まわりに人のいる気配はありません。

 (母さん、タバコ吸うんだ…… 初めて見た。)

 母は手にしていたタバコを灰皿に押し当てると、新しいタバコをくわえてライターで火を点けました。そして何かを手にしました。

 それは棒みたいなマッサージ機でした。母はタバコをくわえたまま、それをオヘソの下に当てると、スイッチをオンにしました。

 テレビを見つめる母の目が、半開きになりました。時々タバコの先が赤くなっては、母の口元から煙がこぼれて来ます。

 そのタバコの先の灰が少し長くなったころ、母はタバコを口から離して、

 「そのまま、こっちへ入ってらっしゃい。」と言いました。

 母は、僕がのぞいているのを知っていたのです。
 僕は「そのまま」で母の前に向かいました。
 僕はチンポを出して、にぎりながらいじっていたのです。

 母は固くなった僕のチンポを見ながら言いました。
 「このごろ、勉強に詰まっているみたいだったけど、こんな事してたからなのね。」

 母は身体を起こすと、僕の手をつかんで引き寄せました。あっという間に僕は、母のヒザの上に座らされました。
 僕の背中に母の柔らかい胸が当たり、僕の肩ごしに母の声が聞こえます。そして僕の正面には、テレビの画面が見えます。

 「いいもの見せてあげるわ。」

 テレビには真夜中の通販番組が映ってました。母がリモコンを手にして操作すると、その画面は無修正のAVに切り替わりました。

 男の人と女の人が、股間をぶつけ合っています。だけど、その二人の顔を見て(あっ!)と驚きました。
 それは、僕が幼いころの思い出にある 若い父と母でした。

 父は母にチンポを突っ込みながらタバコに火をつけ、くわえタバコで腰を動かしているのです。
 (お父さん、タバコ吸ってたんだ……)

 母が言いました。
 「すごいでしょ。お父さんは若いし、母さんは可愛いでしょ。
 お父さんが母さんたちのセックスを撮っていた画像が見つかって、見ていたら懐かしくなってね。
 お父さんはセックスする時だけタバコを吸う人だったから、お父さんとセックスしてた時のことをリアルに感じたくなって、母さんもちょっとタバコ吸ってみたりしたのよ。」

 気がつくと、母の手が後ろから僕のチンポを軽くさすっていました。

 時々僕の肩ごしに届く、母の吸うタバコの煙の臭いをかぐたびに、僕のチンポのくすぐったさが増幅されるのです。

 「母さん…… もっと…… もっと早く手を動かして…… イカせて……」
 「あわてちゃダメよ。母さんが一番いいところで抜かせてあげるから。」

 ふとテレビの画面を見ると、父が母をヒザの上にまたがらせて、後ろからチンポを突っ込んでいる姿が映っているのです。
 それは、今の僕と母とよく似た姿でした。

 「ほら、こっちを見て。」
 僕が横を向くと、母の顔が間近にありました。母の手が急に強く動いたかと思うと、母は僕の顔にタバコの煙を勢いよく吹きかけたのです。

 ああっ…… アッ!

 僕はチンポをにぎる母の手の中に、遠慮なく熱い粘液を放ちました。
 母はささやくように言いました。

 「テレビ、見てごらんなさい。」

 僕が画面に目をやると、父のチンポが母の股間から抜け出て、ダランと垂れていました。その先からは まだ、白い粘液があふれていました。

 「お父さんと、一緒にイッたのよ。」
 母は嬉しそうに言いました。

   ━━━

 それから僕は、家のタバコの臭いにモヤモヤすることはなくなりました。

 「どう、勉強に疲れてない?」

 時々母は夜ふけに、僕の部屋に入って来てそう言ってくれます。

 「うん、大丈夫だよ。」

 僕がそう言うと、母は僕の隣に座ってタバコに火をつけて、煙を僕に吹きかけながら言うんです。

 「母さんは、モヤモヤしてるんだなぁー。この気持ち、なんとかしてよ。」 
 
 
 

タイトルとURLをコピーしました