【人妻体験談】水着の営業で目の前で試着することになり犯されてしまった


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
何種類か会社が小売店に卸す中で、サンプルを持参して売り込むのが仕事。

中国製の安っぽい水着や下着を私は売り込んでいるが、正攻法ではあまり売れたことが無い。

今日は下町の中規模の卸会社。

社長は40になったばかりらしい。

部長なんて呼ばれてるデブも36だって言うし、まぁ、若い仲間ではじめた会社って感じの所。

二度目の営業だ。

今日こそは売りつけたい。

部長と社長が応接室で話を聞いてくれた。

前回も、スケベな目で私を見ていた二人…わざと社員達が帰る4時過ぎにアポを入れさせたんだろう。

業務終了とばかりにビールを飲み始めて、私にも飲ませる。

しばらく売り込みをしていると、「着てみてよ」一瞬、理不尽だと思わない程、変わらないトーンで社長が言う。

「部長も見たいよね、少し着てもらって確認しよう」

「うちは必ずこの方法で確認している。」

「他の営業の女の子も着てくれる」あくまでも、これは仕事の一環ですよと、しらじらしい。

私は試着は覚悟していた。

どうせ、スケベな目で私を舐め回したいんだろう。

どこへいってもそんなもんだ。

だから、私の営業成績はいいんだけどね。

思いっきり、高く、大量に購入してくれる事を約束させて、しぶしぶと言った感じで了承する。

「そこの、陰で着替えて。見えないから」テーブルの後ろのついたてのしきりのむこうに、社長室ともとれる3帖程のスペースがある。

私は、着て来たスーツのスカートに手を入れ、ストッキングとパンツを脱いで水着をはく。

水色の水玉模様でビキニ。

上もジャケットとブラウス、ブラを取り、紐の長さを調整してつける。

こんな時にも胸を持ち上げて、形を整えて谷間をつくっている自分に気づく。

履いて来たヒールをはき、少し緊張しながら二人の前にたつ。

スタイルには自信がある。

細いけど、胸は結構あるし色白なのが自慢。

顔は童顔でおとなしく見えるらしい、、、前のバイト先でも、取引先でも結構モテたし。

「似合うね、じゃあ、動いてね」泳ぐ真似して、バンザイして、しゃがんで、など指示がでる。

生地の感触や、着心地等を聞かれる。

急に椅子から立ち上がった部長が、親指を胸の脇から差し込み、人差し指で挟む様に生地をこすり確認する。

「ちょっと、薄いかもしれないですね、透けないかな?」社長もどれどれと、同じ様にひだりから指しこんでくる。

ずいぶんと引っ張る感じで、上から乳首が見えそう、、、後ろの紐の部分にデブが手をやっている。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました