【人妻体験談】結婚間近な婚約者が寝取られていたことを知り、怒りに震えた男


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
私には付き合って2年になる「ちえ(仮名)」という結婚間近な婚約者がいました。

思い起こせば職場に新入社員として入社してきたのが彼女でした。

当時私は、仕事に夢中で、自分でいうのもなんですが、出世街道を驀進中だったのです。

社内でも実力派の上司に気に入られ、本当に仕事が楽しくなったころでした。

そのころ、新歓コンパでちえと知り合いました。

ちえはスラッとした美人で、社内でもうわさの新入社員でした。

ちえは大卒で、髪は長く、目のクリっとした本当にかわいい子だったのです。

早速猛アタックです。

私もまだそのコロは自分に自信があったので、4ヶ月後見事付き合うことになったのです。

彼女はイチOLなので、ほとんど定時で帰社しますが、私は、毎日夜遅い日が続いたのです。

それでも、彼女は私のアパートで待っていてくれて一緒に夕飯を食べたり、一緒に出勤したりもしました。

かわいがられた上司にも紹介し、社内でも公認カップルとして、みなからうらやましがられるカップルだったのです。

私は、俄然仕事に熱が入り、早く出世して、ちえと結婚するつもりでいました。

2年たったころ、私も大きな案件をまかされるようになり忘れもしない春先のことです。

初めてちえの田舎のご両親に挨拶にいき、婚約したのです。

上司からも、仲人はまかせろといわれ、まさに幸せの絶頂でした。

ところが、婚約が済んだ夏ごろ、冬に挙式を控えていたころです。

今までは気にしなかったモノがいきなり気になるようになったのです。

それは同僚の一言です。

「ちえちゃん美人だからさ、気をつけろよー」

という言葉です。

私は、今までちえにまったく疑いをもったことはなかったのですが、この一言で、変わってしまいました。

この一言がなければ、ちえと結婚していたと思います。

何も知らないままです。

私はその日、アパートに帰ると、ちえに「携帯見せてよ」

といったのです。

つきあって初めていう台詞です。

ちえはびっくりした顔で「えっどうしたの?なんかあった?」

イヤ別にというと「好きなだけごらんください」

って携帯を置いたのです。

俺は安心してしまい。

「イヤいーよ」

とみませんでした。

安心した反面、気になりはじめた心はとまりませんでした。

シャワーをちえがあびてる最中にカバンから携帯を取り出します。

N社製のちえの携帯を開くと、ダイヤルロックです。

初めてしりました。

シャワーから出たちえに「銀行の暗証番号いくつだっけ?結婚するんだから知っておかないとさ」

といいます。

するとちえはあっさり「xxxx」

と答えます。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました