【人妻体験談】友達のママさんのおまんこをいただいて家庭を崩壊させ嫁にした鬼畜


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
小学校からの親友で、お互いの家にちょくちょく遊びに行くほどの仲の友達がいた。

その友達のママは、お色気フェロモンムンムンな美人で、いわゆる十朱幸代の若い頃の様だった。

それもそのはず、若くして友達を産んだからうちのBBAママに比べりゃ各段に若いし、優しいし、童顔のくせしてメリハリボディ。

そしてなにより童顔に不釣合いなデカ乳。

毎日のように遊びに行っていた俺が思春期を迎える頃には、もうそのおっぱいに興味津々だった。

中学に入ると友達がスラムダンクの影響でバスケ部に入部したため、部活がない日にそいつの家に遊びにいってダベるのが習慣になっていった。

俺はいわゆる帰宅部だったから、普段は家に直行して妄想とチンコを膨らませるのが日課だった。

中学三年間は大したこともなく、彼女もできず、結局友達と一緒に普通の公立高校に進学した。

ただこの三年間での変化といえば、もう俺がママさんに完全に惚れていたことだった。

遊びに行くたびにおっぱいガン見してたのは気付かれてた。

っていうか、遊びに行くのは口実で、内心あのおっぱい見に行ってた。

んで高校に進学したら友達はまたバスケ部に入部したんだけど、比較的まったりやっていた中学の時とは違って、

そこはかなりガチな活動してたらしく、俺と友達の時間はあんまり合わなくなっていた。

俺的には友達の家にママさんのおっぱいを見に行く口実が激減してしまったのが残念だった。

そこで俺はある日、ふと思い立った。

(別にあいつがいなくても遊びに行けばいいんじゃね?)俺はその日、猛ダッシュで友達の家に向かった。

友達の家に着くとママさんが迎えてくれた。

「◯◯はまだ帰ってないの~」という反応だった。

まあ当然だな。

俺の反応はお辞儀と共におっぱいチラ見。

まあ当然だな。

「そうですかー」と返す俺。

ここで気付いた。

あいつが居ないと、この家に来る理由が思いつかない。

なんとかして家に上がらなければ。

咄嗟に思いついた嘘として、「あいつに貸していたゲームを返してもらいたい」と言ったら、なんと家にあげてくれた。

今この家には俺とママさんの二人きり。

性欲の塊な高校生のテンションは上がりまくりだった。

チンコが反応しそうだった。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました