【人妻体験談】記憶になかった性欲が強い同級生と再会中出しセックス


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
転勤になった時のこと・・・

転勤先は実家の近く。

と言うのも俺は高校卒業後、神奈川の大学に行き、そのままそっちで就職しました。

それからずっと神奈川住まいだったのですが、うちの会社が中部に新しく事業所をつくるって言うので、

そっちに実家の俺に転勤の白羽の矢が立ったのでしょう。

とは言え、さすがにいい年して実家から会社に通うのは何なので、事業所の近くにマンション借りました。

引っ越してちょうど半年ほど経った頃、実家にちょっとした荷物を取りに帰りました。

その日は平日の昼間だったので、電車も人は少なかった。

ゆったりと席に座って電車に揺られていると、何か視線を感じた。

見ると、ちょっと離れた向かいの席に座っている女が、こっちをジッと見ている。

一瞬、目が合ったが、気のせいだろうと思い、すぐに視線を外した。

するとどうだろう。

その女がこっちにつかつかと歩み寄ってくる。

「ねえねえ、橘ナワフミじゃない?」その女は俺の前で立ち止まり、俺のフルネームを呼び捨てで呼んだ。

あ、橘ナワフミってのは俺の仮名ってことで。

妙に馴れ馴れしい感じだったので、

「何だ、こいつ」と思いながらも、

「ん、ああ、そうだけど。」俺は不審気に返事をした。

そしてその女をよくよく見てみると、何となく見覚えがある。

ただ誰だか思い出せず、顔と名前が一致しない。

「わあ、久しぶり!元気してた?」向こうはそんな俺をお構いなしに親しげに話してくる。

「うん、まあね。」俺も適当に返事をした。

話しているうちに思い出すだろうと思って。

「橘、髪型変わったから最初分かんなかったよー。声かけようか悩んじゃった。」

「そう?俺はすぐに分かったよ。」本当は誰だか思い出せてなかったけど、そう言っておいた。

わーわーと年甲斐もなく女ははしゃぎながら、いろいろと話してくる。

俺も適当に話を合わせた。

完全に名前を聞くタイミングは逸してしまったし。

多分、中学か高校の同級生だろう。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました