【人妻体験談】母が住み込み店員にマッサージをされ、狂おしい快楽へと繋がっていった体験談


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
母は親父が出張の時様子が変わる。

母は朝からそわそわとして落ち着きがなくなるのだ。

化粧もいつもより入念だし、服装も、父を送り出してから再び着替える事が多くなった。

普段は、楽そうなワンピースなどを着ているけど、着替えた母は、必ずといっていいくらいに、

身体のラインがくっきりと目立つような、おっぱいが強調され、腰まわりが浮き上がり、パンティラインさえもが見える様になる。

そんな日の母は、朝に付けたばかりの下着すら穿き代えているらしく、

顔を洗ったついでに覗く洗濯機の中には、父が出かけた後に限って、まだ洗い立てのような下着が放り込んであるのだった。

父を送り出した後に、母と、住み込み店員で夜学生のSさんと、小学生になっていた私は居間で遅めの朝食を取った。

和食好みの父が不在の日は、いつもトーストにハムエッグというような洋風メニューである。

居間では、三人が座る位置は決まっていた。

母と私は隣り合って、Sさんは母の正面に座る。

食事の間は、窓際にあるテレビのスイッチを入れる事は無い。

父が居る時は隣のテーブルを使うのだけど、父が不在の日は、朝食に限りソファーのテーブルを使うのである。

ソファーのテーブルは低くて使いにくいけど、それがいつもの習慣なのである。

母の座り方は父が居るときと違って、ゆったりと浅めに腰掛けている。

そんな母の膝頭あたりを、さっきからSさんがチラチラ見ているの。

父が居るときにはぴったりと閉じられている母の膝頭は、リラックスしているせいか、いくらか開き気味である。

気づかないふりをして観察していると、だんだんとSの視線は母の下半身を舐め回すような感じになる。

Sさんの視線は母の下半身と乳房の間を交互に見ている。

母がコーヒーカップを持って自分の口元に運んだので、私は母の横顔をチラリと見た。

母は少し眠そうな目をしていて、その視線の先はSさんの下半身あたりを彷徨っていた。

一瞬の躊躇いの後に、母の視線はSさんの股間のあたりに落ちた。

母の膝を見ると、先ほどよりも開きが大きくなっている。

Sさんは母の「膝の間」を見ていて、母もSさんの股間を見ている。

後日盗み見した母の日記に、この時の母の心理が記されている・・・・・・

母と住み込み店員S、二人の視線が交差した数十秒間は時間にすると短いかもしれないが、

母にとってそれは、これから始まる狂おしい快楽への序曲であった。

母にしてみれば「あの人に悪い」と何度も思いながらも、

四十女の肉体に満ちてくる淫蕩な欲望を押しのける事が出来ずに葛藤させられていたのだろう。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました