ハプバー初心者オフ会


出典元:エロ体験談

ハプバー初心者オフ会
食事会に20名
ハプバーに50名(男女比3:2)

そのハプバー初心者オフ会のレポートを参加者のゆりちゃんが書いてくれました。

>ゆりでーす♪
>
>待ちに待っていたイベント
>チキンな私は集合時間の一時間前に新宿につき、遅刻してお店にはいるという快挙で1日が始まりました。
>
>知らない方の隣に座った私は汗がダラダラ流れました。しかしいまは2010年。涼しい風を運んでくれるクーラーとちょっとばかりの開き直りとみなさんのお心遣いのおかげでなんとかランチタイムを過ごすことができました。ハンバーグ残してごめんなさい、牛さん。
>
>
>タクって移動しましたが、車内での会話は運転手の興味をそそるものだったと思います。
>
>「三番って大事ですよねー」
>
>
>「今日は1人ですか?」
>
>
>「マジ試合前の緊張感ですー」
>
>なんの4人だこいつら!みたいな感じでしょうね。
>
>この会話に興味が持てたあなたは立派なタクシー運転手になれるでしょう。
>
>
>
>そんなこんなで9259に到着。
>入会書を握りしめいざ入り口へ!
>てときに後ろの女性方が
>
>「電話番号かいたー?」
>
>「え?書かないよーw」
>
>
>
>
>え!保険証記載の実家の番号書いたけど!
>どうしよ!!!家に電話きて「お宅のお嬢さん、フェラが超絶に下手です」とかチクられたら!と思いつつ涼しい顔をしてスタッフの方にご挨拶しました。
>
>
>人数そろったところで幹事のたかよしさん、BARのスタッフさんからありがたいお話をいただき、
>乾杯し、
>たかよしさんのポールダンスがはじまりました。
>(2秒で終了)
>
>
>軽いSM講座が行われた後、hiroさんが自前の宝箱をご開帳し、女性陣が一気にhiroさんまっしぐら。
>わーわーきゃいきゃいコスプレタイム
>私はコスプレにあまり興味ないため、後ろの方でひたすら飲んでました
>
>
>モテたい!というDCのような夢を持っている私は、コスプレしないの?って男性から声かけていただくだけで脳内ハッピーでした。(≠モテ)
>
>
>その中でたまたま目が合う1人の男性♂
>
>女は目が合うとわかるんです
>
>今日は間違いなく、この方とシたら気持ちいいなと。笑
>勘ですね。
>
>
>
>ソファーに移動して、ちゅーしましたがめちゃめちゃ気持ちよかったです。結構長い時間ソファーにいました。
>ロッカーに戻って自前のランジェリーに着替え、プレイルームをのぞくとすでに一組のカップルが電マでかなりゴージャスに遊んでおられました。すげー!
>
>私にあんなテクニックないので隣のプレイルームに移動して、一回目を
>
>うっとりねっとり。
>
>逝っていただき
>ソファーにて休憩するも8秒後にはちゅーしはじめ、4分後にはさっきのプレイルームへ(脚色有り)
>
>二回目。
>
>
>うっとりねっとり。
>
>
>三度のプリンよりフ〇ラが好きな私は、好きなだけさせていただく。
>
>(誰かから、フ〇ラ長くないっすか?って声かけられました)
>
>大好きな大好きな寝バックで逝っていただき、またソファーで休憩。
>
>
>野球拳などでみなさん盛り上がってました
>
>
>
>そんなこんなでまたプレイルームにいき三度の正月より大好きなフ〇ラをさせていただき、飲ませていただく
>お菓子を食べないとおっしゃってるだけあって苦くない
>
>
>ちょうどたかよしさんから終了の合図がでました
>
>
>とおもったら、別の男性に声をかけていただきプレイルームへ
>三度の・・・(もう思いつかない)より好きなフ〇ラをさせていただいているときに、パンツを探して3歩ぐらい歩いていたなの♂さん登場!!!
>
>
>ちゃんと舐めろ!!!とか若干叱られつつ違和感・・・・
>
>
>
>
>
>
>潮キター—-(・∀・)——-!!!!
>
>
>
>潮吹き初体験でしたがあまりにもあっさりだったため、(吹かなくて悩んでた時期もあり)なんかよくわからなかったので
>なの♂さんに「これは潮ですか?」と聞こうと思いましたが、パンツを探しに6歩ぐらい歩き始めていたため後日メッセで確認させていただきました。
>
>蛍の光を聞きながらフ〇ラで逝っていただき、ラストオーダーすぎてたのにスタッフさんにウーロン茶を出していただき、一気飲みしました
>
>
>いま思えばどう考えても片付けのお手伝いをすべき立場でしたが(わたし最年少?生意気ですいませーん!)、心がスッキリ!してしまったため即効帰宅し、手作りバクダン丼を食べて、即効寝ました。
>
>
>基本運動をしない私は、次の朝起きたら筋肉痛で体カッチカチでした。
>
>
>楽しかった←結論

タイトルとURLをコピーしました