【人妻体験談】1年以上続いている彼とのW不倫セックスしていたら妊娠してしまった


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
彼とのW不倫は1年以上続いている。

もはやレスの旦那ではなく彼色に染められてしまった。

「道代(仮名ですが・・・(汗)。)いきそう中に出す」

女陰深く男根を突き刺し激しく腰を打ちつけながらいつものように囁き足を大きく曲げ広げ、男根すべてを受け入れ易くすると彼の腰の動きが速くなった。

「道代いくっ」

「イクッ」

としがみつくと

「うっ」

男根が私の中でドックンドックンドクッドクッと脈動を始めた。

「アッ~イクッ」

同時に私も子宮に精液を浴びせかけられるエクスタシーを味わってしまった。

彼は逢瀬でいつもタップリと私の中に精液を注ぎこんでくれた。

「家族がいないから今度、自宅に来ないか」

と誘われた。

近所の目や知人もいるし奥さんも子供たちも知っているのに来るように言われた。

ちょうど危険日にさしかかる時である。

彼とはいつもゴムなしセックスである。

部屋入口は隣の棟から見えるので日傘を差しながら鍵の開いたドアを開け部屋に入るとコーヒードリップの匂いがしていた。

「今コーヒー煎れてるからソファに座って」

とラフな服装で彼は出迎えキッチンに向った。

部屋の中を見舞わすと大規模団地なので造りは良く似ている。

「道代逢いたかったよ」

「うれしい」

と彼の胸に飛び込んだ。

コーヒーを飲みながら世間話をしても昼下がりの明るい彼の部屋でのW不倫セックスへの期待の中少し落ち着かない気持ちで部屋の中を見せてくれた。

リビング、子供部屋、トイレ、浴室そして

「ここが寝室だよ」

和室には布団がすでに敷かれていた。

「今日はたっぷり楽しもう」

リビングに戻ると彼に抱き寄せられキスされた。

ソファの前で立ったまま私のスカート、下着を剥ぎ取るとソファに浅く座らせた私の腰を引き寄せながら両足を大きく持ち上げ広げた。

「あっだめっ」

音を立てながら彼のクニリングスが始まった。

気持ちよさについ艶声を出してしまった。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました