【人妻体験談】ドイツで行った風俗はお金さえ払えば制限時間なしで何度でもセックスできた


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
ドイツでの風俗体験談です。

そう、まずは、入場料払って中で交渉。

で、ですねぇ、一発50ユーロで制限時間は無し。

50ユーロ払えば何回でも自分のペースでセックス出来る。

相手は自分の意思で変えてもいいし、向こうから営業してくる、そんな場所。

で、まぁこの間運良くドイツに行けたわけ。

基本的にドイツの主要都市にはFKKがあるんだけど、特にフランクフルトに無茶苦茶ある。

ナノで飛行機でドイツ着いたら速攻フランクフルト行ったのね。

凄いね、ドイツは。

駅から徒歩2分で売春街があるからね、フランクフルト。

基本的にヨーロッパは駅の周りって治安悪いから当然なんだがね。

で、安宿に荷物ぶん投げてポケットに300ユーロ突っ込んで、路面電車でFKKに向かうのよ。

基本、FKKは売春宿と違って郊外にあるから移動が面倒臭い。

まぁ地元民は車で来るからなんだけどね、仕方ないね。

で、20分くらいで最寄駅に着いたたけど、工業地帯と住宅街で普通に海外旅行してたら絶対こないよなーって所だった。

で、何処にあるかは事前に下調べしてたけどよく分かってなかったから道に迷いそうだったけど、堂々と案内板があって助かった。

看板に従っていくと、明らかに人気ゼロの工場街にやたら高級車が止まってるところがあって、すぐにそこがFKKだって判った。

凄いね。

BMWのオープンとか初めて見たよ。

アイツラ金持ってんな~と思いつつも、こんなデブのジャップなんか相手にされんのかって不安だったよ。

店の外見は高級レストランと間違える雰囲気すら出ていた。

で、入り口の自動ドアをくぐる前から全裸の白人が中に居るのが分かるのよ。

ビックリだね。

しかも皆モデル体系でガチでXvideosの世界だった。

これがヘブンズドアかと入り口で思ったね。

で、入ると日本の風俗店でもするあの匂いがしてちょっと懐かしい気分になった。

で、入口の受付のおばちゃんにシステムの説明を受けるのよ。

明らかに俺は風貌の違う日本人だったが、よく来るのかゆっくり丁寧に話してくれた。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました