【人妻体験談】3人のささやかな送別会で泥酔した熟女をお持ち帰りし、中出しセックスしてしまった


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
色々とトラブルがあって、結局会社では送別会をしないようなので、ウチのチーム3人でささやかな送別会をやりました。

3人しか居ない貴重なウチのチームの一人。

仕事帰りなので開始は21時。

会社近くの居酒屋で、2時間限定だけど飲み放題ということで、そこに行くことに。

3人で行くと、みんなで話すというよりは、誰か一人があぶれてしまうってことありませんか?

この時も、自分と退職する人(男)とですっかり仕事の話で熱中する横で、ガンガン飲み続けてるのが参加した三十路の若熟女ちゃんw

彼女こそが、一線を越えてしまった美熟女なんです。

そう、彼女には仕事の話は退屈だったのかもしれませんね。

まぁ、素が呑兵衛で、この飲み放題を選んだのも彼女でしたから・・・。

2時間後、退職する人と別れ、帰りの途に。

自分と彼女は電車が一緒なので同じ電車。

この路線、乗り出す駅は込んでいるんですが、2~3駅を越えると空き出し、終点に着く頃にはガラガラ。

ガラガラのベンチシートに2人で座っていると、隣から腕を絡めてくる彼女。

ドギマギする自分をよそに、さらにしがみついてくる彼女。

はたから見たらすっかりバカップル状態。

どうやらホントに飲みすぎてしまったみたいです。

そのまま彼女は目的駅まで眠ってしまっていました。

駅に着き、彼女は乗り換えがあるのでここでお別れ・・・と、なるはずでした。

「大丈夫?ちゃんと帰れる?」

という自分にフルフルと顔を横に振り、しがみついた手を離さない彼女。

こういう仕草に、きっと男って騙されちゃうんですよね。

結局、車を出して送ることに。

前に一線を越えて以来、一線を越えるような機会もなく、あの時だけの事と思うようになっていのですが、

お互い仕事が忙しくそれどころではなかったというのが実際で、自分もかなり意識はしてました。

結局、自然な成り行きでホテルへ直行。

部屋に入るなりしがみついてきてキスを求める彼女。

そのまま靴も脱がずに彼女を貪るように愛しました。

入り口にはお互いの服が散乱しています。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました