妻はヤリマン


出典元:萌え体験談

私の妻は43才 中学時代から地元じゃ有名なヤリマンで、妻と知り合ったのは妻が高3の頃で、ナンパで知り合い付き合いはじめました。そのころはヤリマンとは知らず付き合ってました。二十歳で子供ができ、それなりに幸せな日々を送っていました。ある時セックスの最中に興奮を求め過去の話 それこそ初体験はいつだったとか経験人数とか、昔の彼氏とどんなセックスをしたのか聞いたところ、意外と正直に細かく答えました。
ただ私にはショックで…初体験は中学二年、ひとつ上の先輩でしかも友達にセックスしてるところを見せて楽しむような彼で、しばらくすると友達に抱かせているのを見てオナニーしたり仲間に貸し出したり、学校でも下着を着けずにいさせたり、体育館や保健室で複数でセックスしたりしてたみたいで、ハードな中学生だったみたいです。高3で私と知り合い卒業して就職し、あの頃よく痴漢にあったとか言っていたことを思い出し、どんな風に痴漢にあったかも聞いたところ、毎日のように痴漢にあっていたらしく しかも抵抗しなかったせいか、複数の人から痴漢にあったらしく、後ろからアナルを攻める人前からマンコを攻める人、乳首はまた別の二人が攻め、電車の中でいつも潮までふかされていたようです。一度だけ会社に行かずホテルに連れていかれたことも。会社に着く頃にはぐったりで、それだけじゃなく痴漢されているのを見ていた会社の人にも会社内でよくイタズラされていて、会社の屋上でフェラを要求されたり人のいないところだとすぐおっぱいを触ってくるし、仕事帰りにはその彼の家でセックス。家まで車で送ってもらうと、別れ際にまたフェラされられたと。
長くなりましたが、そんな話を聞かされ、ショックでしたがなぜかチンコはギンギンで激しく妻を抱き、妻も思い出したのか興奮しフェラも腰使いもエロく、いまでは、 わたしはヤリマンです と言いながら腰を振ったり、単独男性を交えて3Pしたり、熟女ですが変態プレーにハマっています。

タイトルとURLをコピーしました