元部下の女の子


出典元:エッチな萌える体験談

ずっと長い間飲み友達だった、元部下の女のコとしてきました。
いつもの様に街で飲んでる内に、誘ってみたらごく自然にラブホへ。
初めは、コンビニで買ってきたツマミやお酒をTV見ながら飲み食いしてたけど、
彼女が自分からベッドに移動したから、何も言わずに照明消して覆いかぶさってみました。

最初だけちょっと抵抗されたけど、胸をめくって乳首を刺激したら
ある瞬間から火がついたみたいで、自分からブラを外して「舐めて・・・」と。
普段、どっちかといえば男っぽくて、そんな仕草が全く想像できなかったので
とても興奮しました。

胸はあまり大きくなかったけど、乳首はとても敏感で、時々漏れる声もエッチでした。
上を全部脱がして、ぎゅっと抱きついてやわらかい肌の感触を味わいながら
キスしながら「舌、出して」といってみたら、素直にチロっと出してきたので、
柔らかな舌の感触を存分に味わいました。

そのままミニスカートも脱がして、下着の横から指を入れてみたら
もうトロトロになってたので、脱がしてあげました。

完全に全裸にして、彼女の全身を丁寧に舐めたり、指で刺激したりしました。
スポーツをしてるだけあって、すごく引き締まって、綺麗な体でした。
肌もすべすべしてて、手のひらで触ってるだけで興奮が高まりました。

彼女の手をとって、そっと自分のを握らせてみました。
すると、上下に手で刺激を始めました。かなりきもちよかった。
乳首を舐めてあげながら、指でクリと中を同時に刺激してあげると
今までの彼女からはちょっと想像できなかったようなあえぎ声が。

あまり強い刺激ばかりでも単調なので、
隣に添寝する形になって、乳首の先端だけを手のひらで
なぞったり、突っついたりしてじらしながら、
もう一方の手の指はクリにそっとあてがってみた。

すると、あえぎ声がもっと激しくなって、自分からクリの部分を
指にこすりつけ始めてきました。
そして、あえぎながらも「もっと・・強く・・して・・」とはっきり聞こえました。

タイトルとURLをコピーしました