【人妻体験談】義理の兄と母との不倫セックスを目撃したことで母への想いが募り近親相姦セックス


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
僕が、セックスに興味はあったけど彼女もいない童貞で、一人雑誌やビデオを見て処理をしていた頃のこと・・・

でもあの日まで、母を女として意識したことは無かった。

それが、あの日を境に母を女として見るようになり、自分のものにして最後は修羅場を味わうことになった。

こんな話を人に聞いてもらっても何にもならないけど、独り言のつもりで書きます。

書きながら少し脚色も入るかも知れませんが、ご容赦を。

僕が小学校に入学する少し前に母親が再婚した。

母は当時28歳、義父は20歳くらい年上で、僕より5歳上の義兄もいました。

僕は父親の顔も知らなかったし一人っ子だったので、優しい父や兄が出来て嬉しかったことを憶えています。

それからは本当の家族のように楽しく生活を送り、僕も勉強に部活(水泳)に頑張っていました。

義兄は大学生になり通学には少し遠過ぎるということでアパート住いになりましたが、ちょくちょく家には帰って来ていました。

僕が高二のある土曜日の事でした。

一旦部活に行ったのですが、体調があまり良くなかったので部活を途中で切り上げ家に帰ってきた時の事です。

リビングのガラスのドアの向こうで義兄と母がセックスをしているのを見てしまったのです。

お互いが激しく腰を打ちつけ、唇を貪り、上になったり下になったり延々と快楽を求めていました。

僕はその時の自分の感情を思い出せません。

初めて見た生のセックス、それも母親のセックス…衝撃的でした。

暫くして僕はその場を後にして、時間を潰してから家に戻りました。

その時には義兄はテレビを見て、母は食事の仕度をしており普段と何も変わりませんでした。

その夜、僕は初めて母の裸を思い浮べながらオナリました。

昼間の母の姿を思い出すと一度では治まりませんでした。

あれは目の錯覚だったのだろうか、いやそんな事はない、いつから義兄と?、悶々とした一週間を過しました。

次の土曜日も義父は仕事の日で、僕は義兄と母を置いて部活に出掛ける振りをしてこっそり戻りました。

家に戻ってバレないか心配していたのですが、その心配はいりませんでした。

僕が出掛けるとすぐにセックスを始めたようで、僕が引き返した時には二人とも夢中でお互いを愛撫していました。

母は当時40前、女として見ると本当に魅力的に見えました。

義兄に取られて嫉妬心のようなものが涌いてきました。

僕はセックスの経験は無かったけど二人の行為を見ていて、二人が愛し合っていること、それもかなり前からだと感じました。

僕は異常なのかも知れないけど、二人の行為の一部始終を見て、携帯写真を撮りながら母を取り返そうと考えていました。

それからの僕は、勉強にも部活にも身が入らず母のことばかり考えていました。

母の寝室に入り下着や持ち物を物色したり、義兄の部屋を物色したりしましたが、義兄の部屋からはバイブとたくさんのコンドームを見つけました。

そして悶々と過していたある晩、僕は決行しました。

その日は義父は出張、義兄も帰っていない日でした。

僕は母にバイブとコンドームを見せて、

「母さん、これ使いたいんだけど」

と言いました。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました