嫁友のパンパンに張ったオッパイと母乳


出典元:エロ体験談

私達夫婦にとって2人目の子が産まれ、嫁さんの友達が遊びに来るということになりました。
その友達のMちゃんはとても美人でスタイルも良く、自分達の結婚式で初めて会って以来ファンになってしまいました。
Mちゃんのところもウチの子の2ヶ月程前に子供が産まれ、赤ちゃんを連れて見に来てくれたのです。
初めて嫁さんが妊娠した時は、どんどん嫁さんの胸が大きくなり興奮しましたが、黒くなった乳首や乳輪がちょっと苦手でした。
しかし出産後しばらくして初めて嫁さんとエッチした時に母乳が止まらなくなってしまったオッパイを揉んだり、吸ったり、パイズリをしてもらった時に興奮してから妊婦や出産後の黒ずんだ乳首も悪くないなと思うようになり、AVでも時々ですが妊婦モノを見たりするようになっています。
そして再び嫁さんが妊娠してから私は嫁さんの妊婦姿に大興奮して何度も中出しプレイを楽しみ、産まれてからは母乳プレイができる幸せを味わってやりまくっています。
そして授乳期の真っ只中にあるMちゃんがウチに来るということで、Mちゃんのパンパンに張ったオッパイが見れるかもしれないと思い、ドキドキしていました。
授乳をするなら寝室になるだろうと思いこの日の為に買った360°カメラを、さらに予備でバッテリー持ちの良い広角レンズのアクションカメラを設置しておきました。
Mちゃんが来て挨拶をしながら私はお母さんになっても綺麗なMちゃんにうっとり見惚れながら、大きなオッパイにもドキドキしました。
もともと大きいのですが、やはり母乳でパンパンになっているせいでさらに大きくなっていました。
しばらく、お喋りや軽く食事をしながら過ごしていると、カメラのバッテリーが気になり一度寝室に行き新しいバッテリーに交換しました。
そしていよいよMちゃんがオッパイをあげに寝室に入り、私は心臓がバクバクするのを感じながら待ちました。
Mちゃんはカメラの事など全く気にしていないようでホッとしながらもMちゃんが帰るまではずっとバレていないか心配で、時間がとても長く感じました。
Mちゃんが帰り、寝室のカメラを回収し、家族が寝静まるまで楽しみに待ちました。
まず360°カメラで撮ったものを確認してみました。思ったよりも画質はよくMちゃんとの距離もバッチリでした。Mちゃんが床に座り服を脱ぎ始めました。白い地味なブラが見えますが角度が斜め後ろからなのであまり良く見えません。乳漏れのパッドがついたブラを片方外すと赤ちゃんにオッパイをあげました。
やはりうまく写っていませんでしたが、服を脱ぐ時やブラを外す時はとても興奮します。
今度は反対に設置したアクションカメラをチェックすると若干距離は離れていましたが角度はバッチリでした。
シャツのボタンを外していく様子もはっきりと写っています。シャツの前をはだけると大きなカップのブラがあらわれました。
パンパンに張ったオッパイはブラで寄せられて胸の谷間が強調されています。
そしていよいよブラのホックを外して、片方のオッパイがポロっというよりボンっという感じで飛び出してきました。巨乳なのはわかっていましたが、母乳でパンパンに張ったオッパイはものすごい迫力で、嫁さんのオッパイとは比べ物にならないエロさです。
そしてMちゃんの顔に不釣り合いな黒ずんだ大きな乳輪と乳首が見えました。形は外向きです。除菌用のコットンで乳首を拭いて、赤ちゃんにオッパイをあげます。
片方のオッパイを吸い終わると、Mちゃんの乳首からまだ母乳がポタポタと出ています。
反対のオッパイもブラから出すとMちゃんのオッパイの全体像が見えました。
私はこのオッパイを無茶苦茶に揉んだり吸ったりしているところを想像しながら抜きました。
反対のオッパイも吸わせ、最後に再びオッパイを拭いてブラをつけました。
乳首が見えている時間は少ないですが、Mちゃんのオッパイが見えて大満足でした。
Mちゃんが嫁さんを呼んで、ビニール袋を頼むと嫁さんが袋を持って行きMちゃんに渡しました。
先程のコットンを入れてカバンに入れようとすると、嫁さんが捨てておくからいいよと言って持っていきました。
私はゴミ箱を探し袋を取り出すと、Mちゃんがオッパイや母乳を拭いたコットンが入っていました。
私はMちゃんのオッパイを味わうように匂いを嗅いだり吸ったりしながらもう一回抜きました。

タイトルとURLをコピーしました