昔は男も女も性器を隠さず畑の脇で小便


出典元:エロ体験談

昔は畑仕事の途中で、男も女も性器を隠さず平気で小便をしていましたね。
村内では隠すような間柄では無かったので、
私の母親も、隣の畑にオジサンが居ても平気だったようです。
私もオバサンたちの性器は何度も見ていました。
   
最近じゃ見ることはありませんが、女性が小便するときって、
草の陰などに隠れず、見通しのいい場所で、足を開き中腰のまま尻を突き出していました。
理由は、蛇などに噛まれる時があるからです。
   
ちなみに私の初体験は、知り合いのオバサンでした。
たぶん年齢は40歳以上だったと思います。
農作業の道具が置いてある納屋で、チンポをオバサンに誘導され、
後ろから挿入させてもらいました。
気持ちよさが病み付きになり、半年ほどオバサンとセックスしていましたが、
「これだけ上手になれば大丈夫。」と言って、
それ以降、セックスさせてもらえませんでした。

タイトルとURLをコピーしました