彩月


出典元:萌え体験談

今現在
俺が30才 妹25才(彩月)さつき

俺が妹と初めてSexをしたのが
13年前位です。

妹が確か中学1年
俺が高校3年だったはずです。
俺逹の両親は早くに結婚してまだ
両方35~6 才 夜の夫婦行事は現役
だった(笑)

余り大きな家ではなかったけど
俺と妹は各自の部屋はあった。
子供2人は2階 両親は下と極普通な
部屋割り。
妹は父の影響で空手部
俺は母に似てのんびりマイペースで無所属♪
(多分…妹の方が強いかも?)
妹は邪魔な位になついてくる…
5才離れていて小さい頃可愛がった
せいかもしれない。
それはそれでかわいい♪
中学に入る前は俺が風呂に入っていても
「兄ぃ♪時間ないから入るね~」
って良く一緒に入っていた。
小学生の時は部活に空手部がないから町の武道館に通っていた!!

彩月が中学に入っての夏休み手前頃
夜中にキッチンに何か飲み物ないか探しに降りたら、両親の部屋の前に妹が座っていたんだ。
「彩月…」声をかけたら「あっ!!」
一言だけ言って2階に上がっていった
俺は寝ぼけて事もありキッチンに行きコーラを持って2階に上がった。
時間は夜中の1時頃だったと思うよ。
そぅしたら
「ガチャ」って部屋のドアが開いて
人の気配がした!
「兄ぃ…ねぇ兄ぃ」
彩月だった
「どぅしたぁ?」「早く寝な…」
と俺 寝ぼけたまま
彩月は「うん…ねぇ兄ぃ…ここでいい?」
シングルサイズのベッド…
まぁいいか…
「いいょ…早くおいで…」
彩月が布団に入ってきました。

俺は反対を向いてまた寝ようとしたら彩月が
「ねぇ…パパとママHしてた…」
俺は(!!!!!!!!!!!!!)
両親の行為より彩月の言葉に!
「夫婦だしな…仕方ないょ」
「兄ぃは?Hした事ある?」
「アホ…聞くか普通…」
「どんなになるの?」「赤ちゃんできるの?」
「絶対にできる訳じゃないし」
「Hは好きな人とする!」
と兄妹の会話…
「馬鹿言ってないで寝な!!」
「うん…」彩月は納得したのか?

そぅしたらまた暫く経った頃
俺の足と足の間に彩月が足を入れてきてなにやら擦りつけてきた。
俺が寝ているのだと思ったのか後ろから息使いが激しくなるのがわかった!!
肉食系かもしれないがまだ中学1年
俺は理性との闘い!!
「彩月…」寝返り際に呼んでしまいまいました。
俺「彩月、寝れない?」
彩月「うん…ゴメンね」
彩月の頭をなでて「彩月」
キスしちゃいました。
彩月の小さい口に俺は舌を入れ舌を絡ませ背中に手を回しました…
彩月はブラもしてません。
(必要性がないような胸…ゴメン)
「彩月…大きくなっちゃた」
彩月はわかっているのか
自分の手を俺の股の所に持っていきパジャマの中に手を入れてきました
「凄いね…熱いし固くなるんだ」
俺も彩月のパジャマの中に
もぅグショグショ!!
指でクリトリスを触ったらビクッとしてしがみついてきました。
「彩月…いいか?」
俺は下の方に潜ってパジャマとパンツを下げた。
妹のオマンコの匂い!!
足を拡げ嗅いで舐めてみた
その度ビクビクする妹!!
指も1本クチュクチュ音がする。
俺は我慢できずに正上位でゆっくり挿入した!
彩月は「本当に痛いん…だ…ね」

これが妹との体験談
今現在は妹も結婚して2児の母
俺との関係は継続中♪
両親には今でもある意味で仲のいい
兄妹です。
彩月は中学2年にはアナル経験
一時期は
アナル中毒!?と思うほど…

タイトルとURLをコピーしました