【人妻体験談】スワップや3Pに興味がある旦那が脂ぎったおじさんに妻を寝取らせてみた


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
私は以前からスワップや3Pに興味があり、いつ妻を誘ってみようかと迷っていました。

そしてとうとう勇気を出して妻にSWサイトを見せて反応を見ました。

妻は私以上に興奮して興味を持ちました。

妻は29歳の若熟女で小柄ですがけっこうクラマーでおとなしく可愛いタイプです。

「もし、俺以外とプレイすることになったらどんな男がいい?」

と聞くと以外にも妻は40歳から50歳くらいの脂ぎったおじさんがいいと答えました。

どうしてと聞くと脂ぎったおじさんに迫られてイヤイヤと嫌がりながらも体中を舐められて

だんだん自分がその気にさせられて、嫌いなタイプの男なのに体が男を求めて入れられてしまい最後は中に出されてしまう。

そうして嫌いなはずの男が好きになってしまうような妄想を、今までに何度もしたことがあると告白されました。

私は興奮しました。

4ヶ月かかってそういうタイプの男を見つけました。

というよりもすごく身近にいたんです。

アパートの隣に住んでいる一人暮らしの52歳の男性でした。

私が仕事で留守の間に妻は何度か隣の家に呼ばれて世間話をしたりしていたのでした。

専業主婦で暇をもてあましている妻は時々そのおじさんの家に行って、

いやらしい話をしたりエロビデオをみたりしていたのでした。

私はそれを聞いてかなりムッとしましたが、模様替えと口実をつけてベットを隣の部屋と隣り合わせの部屋に移し、

妻とのセックスの声が隣に聞こえるようにしました。

アノ時の声がすごく大きい妻のあえぎは必ず隣のおじさんに聞こえると思いました。

私はこれから妻がその男に抱かれるかもしれないと思ったら毎晩のように妻を抱き、妻が狂ったようにむせび泣くまでやり狂いました。

やがてチャンスはやってきました。

近くの温泉センターでその男と出会ったのです。

サウナの中で男と話をしていると、男はしきりに私のペニスを見ていました。

「一人暮らしは気ままでいいですね、けっこう遊んだりしているんでしょ?」

と話をその方向に持っていくと男は

「いやいや結構不自由していますよ、お宅は奥さんが美人だしいいですねぇー毎晩激しい声が聞こえてきて一人暮らしには毒ですよ」

と言いはじめました。

「やっぱり聞いていた」

私はぞくっとしました。

「今晩、家に帰ってから一杯飲みませんか?」

「いいですねぇ」

「うちは1歳の子供が寝ているからお宅に料理を持って行ってやりましょうよ隣なら子供が目が覚めても大丈夫だし」

そういう話になって意気投合しました。

「でも、奥さんに迷惑じゃないですか?」

「そんなこと無いですよ、うちの女房が時々遊びに行っているんでしょ?

いつも面白い話をしてくれて優しいから好みのタイプだと言ってましたよ。なんならうちの女房を口説いてみますか?ハハハ」

というと、一瞬男はまじめな顔でゴクリとつばを飲み込みました。

けっこう脈ありでした。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました