【人妻体験談】子供達の目の前で彼女を晒し者にした露出ハイキング


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
M系甘熟女な彼女を、子供たちの前で晒しものにさせてあげた露出体験談ですw

そう、あれは、コートを着せての野外露出もそろそろ終わりなので、滋賀のあるハイキングコースへ野外露出ハイキングに出かけたときのこと・・・

カメラは私のものを、ビデオは彼女が家で家族に見つからず見られるように以前に彼女自身が買っていたものを持っていった。

ハイキングというには、似つかわしくない服装だったけれど、途中、街で露出できればと考えてのことだった。

街中での露出は、出かけた時間が遅かったので、できなかったが、バスでは、後ろの方の座席に座り、

空いているにもかかわらず、甘熟女な彼女の座席の横に立って遠くに見える景色を案内するふりをして、

彼女の上の方から胸を撮ったり、ノーパンのスカートを捲らせてあそこを撮ったりした。

横に座っては、彼女のTシャツの下から手を入れて胸を触ったり、あそこを触ったりした。

指を出し入れしたときは、声を出されて少しやばかったが、興奮してきて、こんなチャンスは二度とないと思って、

最後部の座席に移り、私が窓側に座り、ちんこを出してフェラを要求すると、

「手でしてあげるから、許して」

と言ってきたが、

「ダメだ。早く。」

と言うと渋々ながらやってくれた。

か、まんざらでもなく、ねちっこいフェラだった。

もうすぐ終点につくというところで、甘熟女な彼女を同じ最後部の向こう側に座らせ、

こちらを向かせて、脚を開かせて数枚、あそこも彼女自身で開かせて数枚撮った。

彼女はもうさっきからの刺激で本気汁が太股までべっとりたれていた。

もちろんビデオでもばっちり撮った。

ハンカチでその本気汁を拭かせて、レースのすけすけパンティをはくところまでも撮った。

ガイドブックで調べたとおり、バスで最終の停留所に降りた。

ハイキングの場所としては、メジャーな場所でなかったので、途中であう人は全くなく、

少し気が抜けた気もしたが、平日だということをうっかり忘れていた。

頂上までは、人気がないので、気にすることなく、思う存分写真・ビデオを撮りまくった。

頂上に着くと気分爽快で、ここでも思いっきりセックスした。

やはり、正常位よりバックの方が景色も見られて気もちよかった。

その後、下山途中、もう少しで停留所のある道路というところに神社があった。

時計を見ると帰りのバスまで相当時間があったので、休憩して水を飲んでいたら、近所の子供二人が遊びに来た。

私が親しげに、

「君たち、この近くの子?」

と聞くと、愛想良く受け答えをしてくれた。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました