【人妻体験談】実姉にオナニーを見られ、好きだった姉と童貞卒業セックス


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
俺が24歳にしてチェリーボーイだった時の話で、姉貴に脱童貞を捧げ、さらに、俺は姉貴のおまんこに何度もお世話になっている。

そんな姉貴も3か月前に結婚した。そう、それは、結婚するまでの間の話だ。

悲しいけどずっと童貞だった。

彼女ができないし、風俗なんか行って病気もらったら嫌だったから。

エッチしたくてしたくて、でもできないからオナニーの毎日だった。

7月だった。

いつものようにパソコンでAV見ながらオナニーした。

もちろん、音が漏れないようにヘッドフォンつけてた。

日曜日で、誰も家に居ないときだったから、やりたい三昧だった。

思いきりオナニーできるのが嬉しかったなあ。

が、夢中になってしまったのが敗因だった。

2回目の発射を姉貴に完全に見られてた。

気が付かなかった。

姉貴が買い物から帰宅したのも。

俺の後ろでオナニーをずっと見ていたのも。

もちろんAV見てたのも。

「ううう!出る!」

2度目の射精をティッシュに発射して、チンコを拭いて、ごみ箱に捨てようと後ろ振り返ったら、姉貴が間近に立っていた。

チンコ見ながらニヤニヤしてた・・・。

まじにあせったし、固まった。

なんせ下半身丸出しでオナニーしてたからね。

「ね!・・・姉ちゃん!」

「すっきりした?なんてね。ずっと見ちゃった。智之のオナニー現場!!」

「・・・・黙ってみるなんて・・・姉ちゃんでも許せねーよ!!」

「ごめん、ごめん。でもさ、あんたも24歳にもなって、オナニーなんて情けないと思わない?」

「しょうがないじゃんか。彼女できないんだから・・・」

「できるまではオナニーしかないか。あんただって童貞じゃないんだからさ、風俗とか行けばいいのに。」

「・・・・」

俺は黙ってしまった。

姉貴は俺が童貞なのは知らない。

そのまま、もじもじとうつむいてしまった。

そそくさとトランクス履いて、短パン履いた。

「智之?・・・まさか!あんたその年で童貞とか?」

「う!うるせえな!・・・童貞じゃ悪いのかよ!!」

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました