【人妻体験談】営業中に出会った社長婦人との不倫セックス体験談


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
私が営業中に出会った甘熟女な社長夫人との不倫セックスのお話です。

フィクションは入れておりませんが、事業者名、登場人物名は身元がバレるので残念ながらふせております。

そう、その人は、アラフォ―ながら美熟女系の奥様でした。

そう甘熟女とは、仕事の関係で、相手の会社に行った時、お茶を出してくれた、社長婦人(アラフォー世代)です。

ちょっとハイソな感じで、黒いストッキングがセクシーだったのが今でも、頭にやきついています。

仕事上、何度か会社に訪問し、打ち合わせを重ねる度社長婦人とも言葉を交わす回数が増え、目線がすごく、気になるようになりました。

5回目くらいの打ち合わせのとき、社長婦人は、タイトなスカートに、前あきの白いブラウスをきていて、髪をポニーテールにしていました。

それを見た俺は、舐めるように社長婦人をみてしまいました。

おそらく社長婦人は俺の事をスケベな奴と感じられたと思いました、また、俺のペニスもむくむくと大きくなり、股間が膨らんでしまいました。

ちょっと気にしがちに、よそ見をしながら、治まるのを待ちましたが、社長婦人が気になって、気になって、仕方なくまた、何度も見てしまいます。

その時、社長婦人と目が合い、俺は照れた顔で、見つめてしまいました。

もちろん、社長は近くで、社員と話をしています。

社長婦人は、目をそらし、うつむきかげんに笑みをこぼしていました。

この会社は、従業員が12.3人で、3階建ての自社ビルです。

社長夫婦の家はビルの隣にあり、準和風の大きな平家で暮らしています。

社長夫婦の間には高校生の女の子がいると上司から聞かされていました。

打ち合わせも終わり、社に戻ろうと思い午後4時ぐらいに、

「ありがとうございました!」

と部屋から出て階段を降りた時、前から社長婦人が、階段を上がってきました。

俺は、ちょっと嬉しく思いました。

「また、宜しくお願いします!」

と俺は弾んだ声で言った、社長婦人は、はぁっ!と俺の顔を見た時に、持っていた書類の用紙が5~6枚床に滑り落としてしまった。

社長婦人は、上体を屈ませながら用紙を拾い始めた。

その時、俺は社長婦人の胸元に視線が釘付けになった。

白いブラウスが、前にはだけて茶色の肌着の下から、黒のブラジャーをのぞかせていた。

結構巨乳だった。

「すみません、」

といいながら、俺も用紙を拾うのを手伝った。

しかし、社長婦人の胸が気になり、見てしまっていた。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました