【人妻体験談】バイト先の独身熟女と夏祭りでばったり会い、お祭りセックス


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
夏祭りの時のハプニング的な出来事だった・・・

近所のお祭りでバイト先の

独身美熟女の「有紀(仮名)」

とばったり。

向こうは奥さん仲間と一緒、こっちは寂しくたこ焼き買いに来ただけという状況。

屋台で飲もうか~なんて話したら意外にもあっさりOKサインで三人で飲み始めた。

憧れてたというか、夜な夜なずりネタにしてる甘熟女と飲めるのは正直嬉しかった。

美熟女の有紀はシャワーを浴びてきたっぽくて石鹸の香りがうなじや二の腕から匂って来てくらくらしそうな清楚感。

一方の友人の

「あや」

と言う子も負けずにいい匂い、さらに巨乳。

俺は甲乙つげがたいこの状況を楽しんでた。

夜10時過ぎになり、あやちゃんはバイバイとそそくさと帰っていった。

有紀さんとはシフトも一緒になることが多い。

だから、彼氏いるとかいないとか家族がどうだとかそれなりに話は通じていた。

いつも内巻きカールの髪形で、巨乳ではないけれど体形に合った胸、痩せ型でスラっとしてて、脚は長く水着を想像するとはぁはぁしてしまっていた。

その日の浴衣も落ち着いた柄で下駄を履いている足の指先がめちゃくちゃかわいく見えてドキドキしながら飲む。

足の裏とか時々ちらりと見えるとこれまたドキドキだった。

帰る前のお話タイムで公園のベンチで休んでいると

「意外とのんじゃったよぉ~」

と人の肩で休んでる。

もうこの匂いたまらん!石鹸と女の子の匂いが入り混じっていてムラムラくる。

しかし、こんな状況下でガオー!っとするのはやらしい男のする事だ。

俺は・・・やらしいけど・・・そういう事はしない!じゃない!そういう事が出来ないヘタレな男だ。

「いい匂いだね、有紀ちゃん」

「えっ?あっ…」

「あ~その、やらしい意味じゃなくて・・・女の子のいい匂いがする」

「もぉ~やらしっ!」

この子をめちゃくちゃにしたい!女の子の匂いじゃなく俺の匂いをつけたい!俺の匂いで染めたい!心臓ドキドキ。

喉カラカラ。

「浴衣かわいいね」

「うん、ありがと」

「1人で着たの?」

「着付けできるから1人で大丈夫、今日のあやのも私がしたんだ」

ぬぅ!二人で半裸体になりながら着付けしてるのを想像するのは今はやばすぎる!帰ろうとするけれど、なかなかベンチを立てない二人。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました