美和子物語 広島の姉を見送り 義兄との語りあい


出典元:エロ体験談

美和子物語 広島の姉を見送り 義兄との語りあい

先月から、広島の姉が体調をこわしています。
病院へお見舞いに出かけて色々なことをお話ししました。
自分は、数か月で旅立つだろう。
夫は美和子を好いているから彼を助けてほしい・・・。
そのようなお話でした。
その日は、夕方まで病院にいて新幹線で神戸まで戻りました。
神戸の姉のお家に立ち寄って経過を説明しました。

大学を卒業後に、ある商社に就職しまして姉のお家で下宿させていただいていました。
勝手を知った我が家の感じです。
姉から、ビックリするような事を告げられました。
広島の姉は数か月の寿命だと医師から宣告されているそうでした。
そのような事になれば、美和子が後添えになってほしいと願っていると・・・。
義兄も美和子を好いているようだとも・・・。
その日は、会話を切り上げて西宮の自宅へ戻りました。

そして、数日後に広島の姉を病院へ訪ねました。
半日を過ごしてから西宮へ帰ろうとしましたら、姉から意外なお話でした。
私が亡くなれば、美和子が義兄の面倒を見てほしい・・・。
あなた達の仲は承知しているから・・・。
美和子と義兄との事を知っていました。

姉には、そのような気の弱いことを言わないで良くなってほしい・・・。
激励の言葉をかけました・・・。
その夜、義兄と共に庚午のお家へ参りました。
遅い夕食の後で、入浴しました。
美和子が入浴していましたら、義兄が入ってきました・・・。
タオルで隠されていましたが、二人で浴槽につかりましたら義兄の坊やを見ました。
久しぶりの事でした。

義兄の太ももに跨りながら背中を洗っていただきました。
浴槽に浸りながら乳房を吸われて朦朧となる美和子でした・・・。
濡れた身体をバスタオルでまとってベッドへ急行・・・。

キスしながら、クリを愛撫されて気持ちが高まってきました・・・。
義兄の坊やも張り切っていました・・・。

美和子さん、キスさせて・・・。
太ももを広げられて、ラビアを左右に分けて、クリが剥き出されていました・・・。
義兄とは何回も身体を交えていますから手慣れた仕草でした。

やがて、美和子が上向きなって義兄を迎えました。
正常位で深い交わりでした。
乳房を吸われながらですから美和子も大興奮でした。
ピストン運動が早くなってきました。
義兄から、成りそうだ・・・。

来て、来て・・・。
その瞬間に美和子の中へ噴射を受け入れました・・・。
美和子さん、久しぶりだけど良い感じだった・・・。
義兄の坊やをガーゼのハンカチで拭いてあげました。

義兄が上向きになって美和子を中腰でキスしてくれました・・・。
義兄からクリを舐められて美和子が大興奮・・・。
そのまま、体位をずらして美和子が騎乗位でつながりました。

義兄は乳房を愛撫し続けてくれました。
おにいさん、逝きそうです・・・。
美和子が両手をついて後ろから繋がっていただきました。
美和子はドッグスタイルで受け入れるのが大好きです・・・。
愛撫の時間が長いですから、内部が腫れています。
きつく締め締めしてあげます・・・。

汗まみれの二人です。
再びシャワーを浴びてからベッドで横たわってお互いを愛撫しあいました・・・。
69の体位が大好きな二人です・・・。
裸のままでいましたが、夜半に再び襲われました。
義兄が美和子の中に大量のエキスを注ぎ込んできました・・・。

抱き合って朝を迎えました。

姉には悪いのですが、美和子が奔放ですから・・・

タイトルとURLをコピーしました