【人妻体験談】ずっと性の対象だった母が泥酔したので、無理やり犯して近親相姦セックスした結果


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
私の母は私が小学校2年の時、父と離婚し、私を引き取り実家に帰り、町工場で働きながら私を育てて来ました。

小さい頃は母に対して特別な感情など持つ事もありませんでしたが、異性にいや、性に興味を持ち始めた頃から母を女として見るようになりました。

母にと言うより女性の体に興味があると言うのが本当の所だったのです。

内気だったので女性と話をする事も出来ず、もちろん彼女も出来なかった私にとって、母は一番身近な女性だったのです。

まず最初にした事が風呂に入っている母を覗く事でした。

田舎の家だったので風呂場は木造作りで壁板に所々穴が開いており、そこから覗いていました。

しかし母の胸は見えても、肝心な女性器は毛で覆われていて見えません。

どうしても女性器が見たい!私の想いは募るばかりでした。

風呂場では遠くて見えない、ならば近くで見るしかない、そう思った私は母が寝ている時に見る事にしました。

田舎の狭い家で二間しかなかったのですが、その間は渡り廊下みたいなものでつながっていました。

祖父母が奥の部屋で私と母が入口側の部屋で寝ていました。

貧乏でしたので寝る時は母と一つの布団で寝ていました。

母はネグリジェのような物を来ていましたが、夏場は暑いので裾ははだけている事が多かったです。

その日も下着が丸見えの状態でした。

私は懐中電灯で母の股間を照らして見ました。

ショーツの脇から陰毛が3本ほど出ています。

それを見ただけで、心臓は早鐘を打ったようになり、私の股間は痛いくらいに勃起していました。

ゆっくり近づきショーツに手をかけました。

脱がすと起きてしまう恐れがあったので、あの部分を少し横にめくる事にしました。

震える手で恐る恐るずらしてみました。

私の目の前に夢にまで見た母の性器が現れました。

遂に私は母の性器を目の当たりにしたのです。

ショーツで引っ張られ少し口を開いた状態のそれは私にとって衝撃的な光景でした。

急激に快感が押し寄せ、それだけで射精してしまいました。

「うーん」

不意に母がうめいたので慌てて手を離し寝たふりをしました。

これ以上は無理だと思いトイレに行き、パンツについた液を拭き取り、母のものを思い出しながら自慰をし再度放出しました。

今までした中で一番の快感を感じました。

それからも時々、気づかれそうになりながらも、覗いて自慰のおかずにしていました。

回を重ねるうちに当然の事ながら次は挿入したくなって来ました。

毎日挿入する事を考えて自慰をしていましたが、結局行動に移す事が出来ませんでしたが、一度だけそれに近い事はした事があります。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました