【人妻体験談】アラサーでツンデレな看護学生とのセックス体験談


出典元:【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ
彼女は、アラサーの癖して、看護学校の寮に住んでいた。

門限は21:00だったかで、その時間ぎりぎりまで寮の外とかでぶらついたり、近くのファミレスでおしゃべりしたりしたものだった…。

若熟女なのにまだ学生ってだけで興奮するのだが、付き合ってそんなに長くないこともあり、結構今ではあまりやりたがらないHなことも結構やった。

寮の外で、フェラとか手コキしてもらったこともあるし、逆にこっちが胸など愛撫したこともあった。

何度か見つかりそうになって一緒に逃げたりしたっけ。

ただし、外での本番は絶対に拒否されていた。

「なんか、動物みたいで抵抗がある」

というのが彼女の言葉だった。

寮の近くには、観光でもちょっとだけ有名な城があった。

その時は春で、結構さくらとかもきれいなんだけれど、田舎ということもあり人はほとんどいなかった。

日曜の夜、俺の家から電車等使って寮最寄りの駅に降り、寮に向かって一緒に歩く。

「また一週間離れ離れ嫌だね~」

とか言いながら。

その日の若熟女な看護学生の格好は、春物のコートにひらひらのスカートだったと思う。

風が強い日だったからか、薄いマフラーもしてた。

あの頃は髪型はまだショートで、それこそエンクミになお似ていた。

歩いているときに、手を握ろうとしたのだが、なんだか今回は違った。

彼女は、俺の腰に手を回し、ギュッと服をつかんで、ぴったり体をくっつけていた。


「どうしたの?」

彼女

「…さみし…。」

以前までのツンツンとのギャップもあって、うーん…これはすごい…とか思いながら、こっちも彼女の肩に手を回す。

人が少ないことをいいことにスッと腰・お尻の方に手を動かす。

いつもなら、

「ちょっと…みられるって…!」

と離れるなり押しのけられるなりするのだけれど、今回はそういうことがない。

…これはいけるのでは…。

スカートの中に手を一気に入れはしなかったが、お尻やその割れ目をスススッとなぞる。

若熟女な看護学生が俺の腕に、組むように軽くしがみついてくる。

今度は、前の方に指をちょっと這わせてみた。

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました